前へ
次へ

土地活用の有効さを考えて見る

余った土地を持っているだけではメリットは生まれることはなく、固定資産税だけ払う分だけは確実にマイナスとなるからです。
しかし土地があるからと言って簡単に活用が出来るものでもありません。
土地活用とは一般的な考え方として、売ることが簡単な方法として挙げられますが、売ったことで土地を手放すことになり継続的な収益には結びつくことになりません。
また売却した時には、税金も大きくかかることになり、売却金額の全てが収入にはならないと知っておきましょう。
売却手数料や登記費用などの諸経費がかかり、更に税金も20%以上かかる覚悟が必要になります。
土地活用の有効手段には、貸すと言う方法が考えられます。
お金のかからない方法では、家庭農園などを希望する人に貸し出すことや資材置き場に貸し出すと言ったことがあります。
土地だけを貸す方法もありますが、その土地の上に建物を建てられた時には借地期間が30年以上となっていますので、注意が必要になって来ます。

2020年度 手縫い・手作りランドセルの萬勇鞄

複数の国際間使用できるIP-VANサービス

リフォームレンジャー
窓から入ってくる騒音を緩和するために、低コストで場所を選ばずできる内窓を取り付ける工事を行っています。

土地を他人に貸すよりは自分でアパートなどを建てて人に部屋を貸すと言う方法があります。
但しアパートなどを建てた場合でも、部屋に空き室が出ない工夫が必要になって来ます。
多くの人が入居したいと考えるアパート作りが大事なことになり、立地条件は基より間取りから家賃なども考えることになります。
また管理などのことを考えると素人には面倒と言う人も出て来ると思われますが、今の時代は不動産会社などが一括借り上げと言う方式を取る所の任すと言うパターンも多くなっています。
一括借り上げ方式にすることで確実に家賃は入って来ることになりますが、その総額は割り引かれると知っておく必要が出て来ます。
代理人が全てを行ってくれる訳ですから、手数料と言う意味合いを考える必要が出て来るからです。
家賃が満額入って来る訳ではないと知っておきましょう。
そしてアパートとような大きな投資は無理と言う人には、駐車場経営と方法が考えられます。
少ない資金の投資で駐車場経営は可能になりますが、月極の駐車場にするのかコインパーキングにするのかは立地を考えて行うと良いと考えます。

Page Top